一人暮らしの部屋探し 失敗しない賃貸物件選び

一人暮らしのアパートやマンションなど賃貸物件を選ぶときに注意するポイントをご紹介していきます

一人暮らしの部屋の不動産会社の選び方

自分が住みたい物件の情報をリサーチしたら、次は不動産会社を選びます。 いざ、不動産会社を選ぶといっても、初めての場合は特に、どこの不動産会社に行ったら良いかわからないというのが本音でしょう。 インターネットや賃貸住宅情報誌などで、情報収集している時に、気に入った物件を見つけたなら、その物件を紹介している管理会社や不動産会社に連絡してみましょう。 不動産会社といっても、CMなどでも名前を聞いたことがある、全国の物件を検索できるインターネットサイトを独自で持っているような大手の不動産会社から、地域密着型の地元の大家さんとのお付き合いが長かったり、不動産会社自体で物件を所有しているような不動産会社というよりは、昔ながらの不動産屋さんといったものまでさまざまです。 何件か不動産会社に問い合わせをしてみたり、お店の訪問してみて、自分と相性の良い不動産会社を探しましょう。 自分に合った物件探しのためには、不動産会社の営業担当との相性も大切です。 相手はプロですが、こちらのライフスタイルや条件などの話を聞いてくれて、きちんと理解してくれるような人でなければ、満足するような物件を紹介できません。 また、何か質問をしても曖昧な答えだったり、契約を強引に急がせるなどの対応をされた場合は注意が必要です。 賃貸物件によっては、仲介してくれた不動産会社以外で、賃貸管理専門の管理会社が管理する場合もありますが、大家さんが自分で管理していたり、仲介してくれた不動産会社が管理している場合があります。 なので、不動産会社とのお付き合いは、契約後も続くことが多いです。。 契約するまでの対応で不愉快な思いをしたり、問題があった場合、入居後にトラブルをきちんと対応してもらえない可能性があるので、信頼できる不動産会社をえらびましょう。

大手の不動産会社の特長

大手の不動産会社のメリットは、情報量の多さです。 また、情報管理もシステム化されていて、インターネットの検索サイトで検索して問い合わせを申し込むと図面や詳しい情報をメールで教えてくれたり、内見の予約もメールでも申し込めるので、平日や日中の不動産会社の営業時間になかなか連絡が取れない忙しい人にとっては便利です。 また、店舗もガラス張りで明るく、店内の様子が見えるのお店が多いので、昔ながらの不動産屋さんよりは入りやすい雰囲気でしょう。

地域密着型の地元の不動産会社の特長

地域密着型の地元の不動産会社のメリットは、地元の大家さんや地主さんとの長年のお付き合いがあり、地元の不動産会社にしか出回っていないような物件があります。 掘り出し物の物件は、好条件の物件は、広告などの経費を使わなくても借主が決まりやすいのでインターネットや情報誌などには出ないことがあります。 また、家主さんとのつながりが強いので、大手の不動産会社に比べて家賃や設備に関しての交渉も応じてくれる可能性が高いです。

広告を非表示にする