読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの部屋探し 失敗しない賃貸物件選び

一人暮らしのアパートやマンションなど賃貸物件を選ぶときに注意するポイントをご紹介していきます

賃貸借契約書に署名する前に確認する事項

入居審査が通ったら、いよいよ賃貸借契約にを結びます。 契約書に書いてある言葉は、難しかったり、記載されている文字が細かかったり、内容を見るのを面倒に思う人もいるかと思います。 賃貸借契約書は、法律的に効力を持つ大事な書類です。 内容をしっかり理解してから書類にサインしましょう 賃貸借契約は仲介してくれた不動産会社かその物件を管理している不動産会社で契約をするのが一般的です。 契約の当日は、重要事項説明を宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の有資格者から説明をしてもらいます。 重要事項説明は、資格を持つ人が説明するという法律で定められている決まりだからです。 このような重要な説明ですので、契約内容に関することでわからないことは、そのままにせずに質問してきちんと理解しましょう。 また、契約の内容で気になることやおかしいと思うことは、この場で変更してもらうように交渉しましょう。 その場で、変更たことは口頭だけでなく、契約書に書き加えてもらい自分でもメモでも取っておくようにしましょう。 契約内容に、疑問を残さず納得してから署名や押印をするようにしましょう。

解約時の敷金の返還については明確に確認する

契約内容は、全ての項目にたいして確認することが大事です。 その中でも、一番トラブルになるのが退去時にの敷金の返還に関する事項です。 敷金は、退去する時に、契約者の不注意による汚れや破損部分の修理費を差し引いて返金してもらえるお金です。 しかし、細かい基準は不動産会社によって違いがあるので、そこまでは契約者の責任になるのか確認しておきましょう。 また、入居後すぐに部屋の内部をチェックして、入居に不具合があるところは修理してもらい、入居には支障がないような、入居前からある細かな傷や汚れなどの退去の時にトラブルになりそうな部分は写真で撮影し、不動産会社に報告、連絡した日時や報告した写真も契約書と一緒に保管しておきましょう。

賃貸借契約の禁止事項も確認しよう

賃貸借契約書には、禁止事項もあります。 物件によっては、石油ストーブやガスストーブが禁止やペットの飼育禁止、楽器の使用禁止、ピアノの持ち込み禁止、 一人暮らし用のワンルームのお部屋は、入居者はひとりだけに限定しているものありますので確認しておきましょう。 禁止事項を守れなかった場合は、貸主からの契約の解除の理由になる場合があります。 ルールを守って快適な一人暮らしを始めましょう。

広告を非表示にする