読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの部屋探し 失敗しない賃貸物件選び

一人暮らしのアパートやマンションなど賃貸物件を選ぶときに注意するポイントをご紹介していきます

不動産会社に行って物件を見てみよう

一人暮らし向けの単身用住宅をたくさんの物件から選びたいなら、1月~3月頃がおすすめです。 春は、学生の入学や進学、企業の人事異動や新入社員の入社などで引っ越す人が多くなるから賃貸物件が動きます。 また、新築で賃貸アパートやマンションを建築するオーナーさんも、単身用物件を建てる場合は、1月~3月に入居ができるような時期に合わせて建築しています。 賃貸物件が多いという事は、同じように部屋を探している人が多いという事です。 条件の良い物件は、情報が表に出るとすぐに借り手が決まってしまいます。 なので、他の時期に比べてスピード感が違います。 気に入った物件を見つけたら、すぐに不動産会社に連絡をして内見の予約を取りましょう。 また、この時期は不動産会社も混み合います。 なので、特に週末はゆっくり一人のお客さんのために時間を取ってもらいづらくなります。 単身用物件も借主が決まりやすい時期なので、家賃の交渉も貸主にしづらくなります。

引っ越しを急がない場合はオフシーズンを狙え

通学や転勤などで、どうしても4月までに新居を決めなければならない事情がないのであれば、1月~3月のシーズンを外して引っ越しを決めるのもおすすめです。 春の時期に比べて、物件の数は減りますが、1月~3月の時期に比べて賃料も下がることがあります。 また、不動産会社の営業担当者も繁忙期が終わって、じっくり対応してもらえますし、賃料や諸条件の交渉もオーナーにしてもらえることがあります。 引っ越し業者を頼む場合も、希望の日時に格安で引っ越しを受けてもらえることもあるので費用の面でもお得なことがいろいろあります。

不動産会社にはキチンとした服装で行った方がお得?!

不動産会社に物件を紹介してもらったり、物件の案内をお願いする時には清潔感のあるきちんとした服装や髪型など身だしなみに気をつけましょう。 特に、家主さんから物件の管理を依頼されている不動産会社の担当者は、貸主の目線でお客様を見ています。 家を貸すという事は、自分の不動産という財産を見ず知らずの他人に預けることになります。 きちんと社会的なルールを守って生活できる人かどうか、約束どおりきちんと家賃を払い続けることができるかなどの観点から、お店に来た時点で見られているのです。 物件を選ぶのは借主ですが、最終的に物件の契約者(入居者)を選ぶのは貸主である家主さんです。 その家主さんが気に入ってくれる契約者(入居者)かどうか、見た目でも判断されているのです。

希望物件のアンケートはどのように書けば良いのか?

不動産会社に行くとまず、探している希望物件の条件を不動産会社指定の用紙に記入を求められることが多いと思います。 その時に、名前や連絡先、希望条件の他に勤務先や収入などの個人情報をを記入する欄があることが多いです。 特に、若い女性の一人暮らしの場合は、個人情報を記入するのはためらわれると思います。 その場合は、すべて記入する必要はありません。 物件の希望条件だけでも紹介してもらえます。 ですが、こちらの情報をいろいろを記入することによって、物件を探す真剣みや冷やかしでないことが伝わりますので、自分に合った物件を紹介してもらえる可能性が高くなります。 また、来店した時には、条件ぴったり合った物件がなくても後日、新しい物件情報がでた時に連絡してもらえるメリットもあります。 実際の物件情報には載せることができませんが、オーナーさんによっては契約者に、「硬い職業の人」や「安定収入のある人」など個別に希望条件がある場合があることもあり、 勤務先や収入なども記入した場合、その内容によっては入居審査が厳しめな店頭には出していない物件が紹介される場合もあります。

広告を非表示にする