読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの部屋探し 失敗しない賃貸物件選び

一人暮らしのアパートやマンションなど賃貸物件を選ぶときに注意するポイントをご紹介していきます

新居の家具の配置を決めておこう

新居の家具の配置を決めておきましょう。

特に、大型家具は、引越しの時に決めた場所に置いておかないと、後で変更しようと思っても一人では動かすことは難しくなります。

また、ひとり暮らしの部屋に置く家具は使い勝手やサイズなどを良く考えて置きましょう。

一人暮らしの部屋の広さは大型の家具を置くには十分なスペースがないこともあります。

大型の家具や電化製品を新規に購入する場合は、サイズを細かくチェックしておきましょう。

特に、背の高い家具の場合、天井にハリは出っ張りがあって思っていた場所に置けない 部屋のサイズに合わせて家具の大きさも測ってかったのに、大きすぎて部屋のドアを通らなかった などの失敗がないように事前に確認しておきましょう。

また、家具を置いたらドアが開かなくなってしまったなんてことがないように、部屋と通路や部屋と部屋との間にドアがある場合は、開口部の幅も正確に測っておきましょう。

同じ家具でも、配置の仕方によって部屋の広さに印象や使い勝手に差が出ます。

限られた空間を有効的に活用できるように配置を考えましょう。

コンセントの位置や個数も確認しよう

電化製品を置く場所の近くにコンセントがあるかどうか確認しましょう。

また、テレビを置く予定の場所の近くにテレビアンテナ端子があるかどうかも重要です。 場合によっては、手持ちのものでは長さが足りないこともあるので事前に、延長コードなどを準備しておくと入居の時に困らないでしょう。

また、電化製品を置くと静電気が起きるので、その後ろにはほこりがたまりやすくなります。

一人では動かしづらい大きな家具は、壁と家具の間に少し空間をあけておくと掃除がしやすくなります。

冷蔵庫は、取扱い説明書にも書いてあることですが、側面と後ろ側は壁から離しておくようにして下さい。

これは、冷蔵庫からでる熱を効率よく放熱させ、省エネ効果を高めるためです。 また、説明書には必要最低限の隙間の幅が書いてあるので、冷蔵庫を置くスペースはその分も考慮して確保しましょう。

広告を非表示にする