一人暮らしの部屋探し 失敗しない賃貸物件選び

一人暮らしのアパートやマンションなど賃貸物件を選ぶときに注意するポイントをご紹介していきます

契約の時に支払うお金あれこれ

一人暮らしをするとなると、月々の家賃以外に賃貸借契約をするまでにも意外とお金が必要になります。 契約の時点で支払う金額はおおよそ、家賃の5~6ヶ月分が必要と言われています。 賃貸で部屋を契約するという事は、毎月支払える家賃の金額以外にも最初にある程度のまとまったお金が必要になってくることを考慮して部屋探しをしましょう。

契約の時に必要になるお金

支払うお金用途相場
敷金 家賃を滞納したり、借主の不注意によって部屋の修繕が必要になったりしたときのために、貸主があずかるお金です。退去するときには返金してもらえます。ただし、賃貸借契約書に基づいて敷引きやクリーニング代などを差し引く取り決めがある場合はその分差し引いて返金されます。 家賃の1~3ケ月分 関西地方では、家賃の5~6ヶ月分
礼金 契約時に、貸主に支払うお礼金のようなものです。退去する時に返金されません。最近は、礼金0の物件もあります。 家賃の1~2ヶ月分関西地方ではない (退去時に敷引きされることがある)
仲介手数料 物件を紹介してくれた不動産会社に支払う手数料 家賃の0.5~1ヶ月分(別途消費税がかかる)
前家賃 契約開始日から1ヶ月分の家賃の先払いをすること。契約開始日は月の途中の場合。その月の日割り家賃を支払う。 家賃の1ヶ月分
火災保険料 貸主や物件を管理する会社の指定保険に加入する場合が多い。指定の保険ではなくても火災保険に付帯する借家人賠償保険に必須加入が入居の条件になることが多い。建物の契約期間中は火災保険も更新する。 2年契約で10,000円~20,000円くらい
家賃保証会社 連帯保証人をつけずに保証会社を使う場合は、保証委託契約を締結時に契約手数料を支払う必要があります。 1年契約で賃料の0.5~1ヶ月分

 

広告を非表示にする